私が大変な汗かきさんだから夏が好きじゃない

日本には自慢の時節があるのですけど、自分は夏という時期が好きではありません。

なぜ嫌いなのか?それは私が大変な汗かきさんだからなのです。

 

自分が汗を厄介だと思ったのは中学生の頃。

当時通っていた中学校は家から距離のあるところにあって、自転車で通っていました。

学校までは沢山坂道があり、夏場は毎朝汗びっしょり。

 

朝も早くから鏡の前で必死になって作り上げた髪型も、学校に着けば汗のせいで悲惨な状態になってしまい、思春期のあたしにとってはストレスになっていました。

そんな中学時代をなんとか過ごし、高校生になると「汗くさい」といった新しい悩みができたのです。

学園にはエアコンはついておらず教室の中は大変暑いので、授業時間はハードな修行と一緒。

 

特に体育の授業は、通気の良くない体育館で行う運動なんて悲惨な時間でした。

汗のニオイを抑えるスプレーや消臭シートは必須アイテムで、高校生の私にとって金銭的に大変でした。

これらの悩みは大人になった今でも変わる事はありませんでした。

 

前以上に、身支度を整えなくてはならない大人となって、汗のニオイへの悩みは大きくなりました。

心配し過ぎても良くないので、体質を改善するためになるべく運動するように心がけていますが、その効果が早く表れてほしいと思います。

 

世間的には綺麗そうなイメージのあるスポーツをした後の汗というのもありますが、暑さが原因の汗は面倒です。

考えてみたら、いつもコマーシャルなんかで制汗剤をよく見かけるのも、自分みたいに汗対策に悩んでいる方が大勢いるからなのでしょうけど、あまりにも多くの商品の種類や香りが存在するため、決める事ができず、簡単に拭ける使い捨て出来るものになります。

 

もちろん、それだけでは真夏は間に合いません。

インターネットでとってもおしゃれなパッケージの商品を発見し、外国の直接塗るデオドラントを試してみました。

香料が強すぎて、あたしは馴染むことが出来なかったのです。

 

最も懸念しているのは、自分自身でにおうよりも「傍にいる人に私自身の臭いが不快感を与えているのではないか」とか「実は臭いと思っているかも」と心配になるのです。

 

猛暑にやられ、なるたけ外出する必要がない日は家から出たくないと思ってしまうのです。

過ごしやすい屋内でゴロゴロしたくなります。

 

頭皮からも汗は出るため、クール感のあるシャンプーでやり過ごしているのですけど、こちらもまた煩わしい汗です。

頭皮から出る汗は大量です。

もうすこしで、汗をかく季節が来るのでブルーになりますね。

 

私は中1のときからスポーツをしており、現在も週4のペースでフィットネスジムへ行っています。

まあまあハードな運動をしているので、着ているTシャツが汗のお陰でびちゃびちゃになってしまうのです。

それで済むのであれば気にはならないのですけど、どうもジムのスタッフさん曰くあたし自身の汗が臭うらしいのです。

 

前までは何も言われなかったのですが、ここ最近そういう話をよく言われます。

おそらく、その時まではあたしに心遣いをしてくれていたと思います。

そこまでクサいなんて全く知らず、ジムで過ごしてきました。

全然知らなかったとしても、周りの人に不快感を与えた事は気が咎めます。

 

ならば、これからどのようにして汗臭を食い止めればいいのでしょう。

体質の問題もあるので口にするものも関係してくると思うのですが、大きな原因ではないはずです。

足のクサイ臭いもそうだと思います。

 

それぞれで違いがあります。

どのようにすればニオイをなくすことが出来るのか、考えて試してみる事にします。

これから先もトレーニングジムのスタッフの手を煩わせてはいけませんからね。

 

自分は緊張してしまうと、脇の箇所に過剰に汗をかきます。

俗にいう「ワキ汗」に困っています。

ですがわき汗は、出かける時にはワキ汗パッドで何とか対策出来るので、まあいいでしょう。

 

でも手汗の方が問題なのです。

何でかというと手汗なんて吸収シートで抑えられるようなものじゃありません。

間に合わせとしての処置として、小さめのタオルで頻繁に汗を拭く事はしているのですが…。

 

じゃあ例えばどういったときに手汗をかくのかというと、緊張状態に陥った時には手汗が出てきますよね。

たとえば、初めて会う人や好きな人と話す時などには、肩に力が入って手汗をかくと思います。

 

でも、私の悩みで厄介だと思っているのが一般的に固くなるような場合でなくても、手汗をかいてしまうことなのですよね。

例えを出すと、知人としゃべっているときやスリルのあるドラマを見ている時とか「手に汗を握る」ということわざがありますが、マジで握れる程の汗が出たら嫌だと思いますよね。

チェック⇒オドレミン 顔汗