料理をしながら心磨き

自分自身をもっと向上させる為、輝かせる為に、スポーツをしたり資格を取得したりその方法が何であれそれを「自分磨き」と呼んだり、藤原紀香さんのように「女磨き」と称したりします。

 

女っぷりを上げる為に外見から攻めていく方法があります。例えばエステに通う、ダイエットをするなど女性特有の美しさを磨き上げていくことです。

 

それに対して、内側から攻めていく方法もあります。

例えば礼儀作法を身に付ける、美しい所作佇まいを身に付ける、美しい文字を書く、そして料理の心得を学ぶなど、こちらもいくら磨いてもいいものばかりです。

 

その中でも私は、料理を基本から学ぶことが、自分磨きをするのに最適だと思うのです。

料理はただ作るだけでなく日本食ではお箸の持ち方や作法、洋食だとテーブルマナーといった礼儀も一緒に学べるので、人としての品位も身に付きます。

 

そして料理を作るということは、春夏秋冬の旬の食材をどのようにしたら生かせられるのか、誰かに作る時はその相手に美味しく食べてもらうことを考え、自分に作る時は自分の為に美味しく作る、料理をしながら心磨きも出来れば、一石二鳥の自分磨きです。